小学校ホームページ大賞




これは、小学生たちのインターネットの活用を支援しようと行われたもので、インターネットに公開されている全国およそ1万8000校のホームページの中から優れた作品を選びました。審査の結果、最優秀作品に贈られる大賞には、北海道の斜里町立峰浜小学校が選ばれました。峰浜小学校のホームページは、子どもたちが地元・知床の自然を学ぶ姿が生き生きと表現されているうえ、複数のブログを活用して保護者や地域の人たちとも活発に交流している点が評価されました。ホームページ作りに参加している6年生の加藤菜央さんは「情報の更新はたいへんですが、これからも見た人が楽しくなるようなホームページを作っていきたい」と話していました。また、指導にあたっている宮内盛一教諭は「ホームページ作りを通じて、子どもたちはみずから学ぶようになってきたと思う」と話していました。このほか、文部科学大臣賞には愛知県の一宮市立瀬部小学校、総務大臣賞には島根県の益田市立吉田小学校、経済産業大臣賞には新潟市立亀田東小学校がそれぞれ選ばれました。(2007.11.17/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-17 18:28 | インターネット総合  

<< 引っ越し時などの行政手続き、ネ... Leopard初のセキュリティ... >>