Windows版「Safari」、パブリックベータ「3.0.4」で日本語入力が可能に




 アップルは、Windows Vista/XP向けのWebブラウザ「Safari 3」パブリックベータで、最新バージョン「3.0.4」を公開した。同バージョンでは日本語による入力もサポートしている。

 「Safari 3.0.4 for Windows beta」では、新たに多言語の文字入力をサポート。これにより、従来バージョンで非対応だった日本語による文字入力が可能になった。安定性や互換性なども向上され、Javaスクリプトやアプリケーション起動時の動作も改良したとしている。

 また、キーボードショートカットの追加などの機能追加も実施。このほかアップルは、「Mac OS X」向けのアップデートも行なった
(2007.11.15/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-15 18:37 | インターネット総合  

<< ソフトバンク携帯で21分以上話... この端子は何なんだ? 薄型テレ... >>