日本IBMなど中堅向けシステム構築強化――内部統制厳格化で

 日本IBMやNECなど情報各社は中堅企業向けのシステム構築事業を強化する。IBMが構築期間を3割短縮できる新手法を来年事業化、NECは開発・営業人員を6割増やす。売上高1000億円未満の中堅企業は人材難を背景に業務効率化に積極的で、情報システム投資の伸びは大企業より高い。2008年度から全上場企業が金融商品取引法に基づく内部統制強化を求められることもあり、中堅企業向けの需要開拓を急ぐ。
(2007.11.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-15 09:44 | PC  

<< スカイプ、ライブドアとの提携解消 MS、Xbox 360に初代X... >>