パソコン雑誌ネトラン新創刊に苦言と期待


 パソコン雑誌「ネトラン」が11月8日に創刊した。公式サイトによるとネトランは「帰ってきた悪用厳禁」をキーワードとし、「最近の某ネ○トラン○ーはおとなしくなって面白くない」と感じている人々をターゲットにしている。

 ただし、同雑誌は今年の10月に休刊した「ネットランナー」とは一切関係のないものであることが公式サイトに明示されている。創刊号である12月号では特集として「ベスト・オブ・悪用厳禁ツール2007」が決定され、今年度の様々な優秀ツールが部門別で表彰されている。

 ネトラン創刊を受けあるブログでは、「ネットに関しては様々な問題が起きているが、自分はモラルの欠如よりも無知であることが問題であると思う。だから、パソコンとインターネットで何が出来るのかを多くの人に知って欲しいし、そのためにもネトランが情報を全てぶちまけてほしい」とネトランを評価する人がいる一方で、「名前や出版社が変わったといっても中身はネットランナーとなにも変わっていない。やりすぎには注意して欲しい」と警鐘を鳴らす人もいた。(2007.11.12/ネタりか)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-12 14:00 | PC  

<< YouTube、複数ビデオクリ... <ディズニー>日本で携帯電話参... >>