日本ユニシス、SaaS事業に参入――まず教育システム

 日本ユニシスは7日、インターネットを通じてソフトウエアの機能を提供するSaaS(サース)事業に参入すると発表した。教育システムで試験運用を始め、4月に課金サービスとして開始する。試験運用を通じて課題や活用法を洗い出し、複数の分野にサースを広げる。企業や教育機関、自治体などを中心に売り込み、3年で20億円の売り上げを見込む。

 企業や教育機関に販売している社員研修、学習支援システム「RENANDI」をサースで提供する。11月末に試験運用目的の無償サービス、2008年4月から課金サービスを始める
(2007.11.8/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-08 09:43 | PC  

<< 貯金しないと“大爆発”、タカラ... 「Leopard」、異なるボリ... >>