初音ミクの次は「鏡音リン」





 「初音ミク」の次は「鏡音リン(かがみねりん)」――クリプトン・フューチャー・メディアは、メロディと歌詞を入力すると合成音声で歌う楽曲制作ソフト「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第2弾を12月下旬ごろ発売する。価格は未定。



 初音ミク同様、人間の声を元にリアルな歌声の合成音を作ることができるヤマハの技術「VOCALOID 2」を活用。声優の下田麻美さんの声を元に、音声を合成して再生する。「初音ミクはアイドルポップスが得意だったが、鏡音リンはよりパワフルなポップスや歌謡曲などが得意」という。

 下田さんは、アイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」の双海亜美役で人気を集めた声優。亜美役で歌った楽曲「エージェント夜を往く」の歌詞の舌足らずな発音が、「ニコニコ動画」などで話題になった。
(2007.11.7/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-07 18:26 | インターネット総合  

<< ドコモとKDDIはGoogle... 「ホワイトプラン」でも利益が出... >>