横国大の偽サイト:アクセスは5025件に 個人情報19回入力 /神奈川




 横浜国立大(横浜市保土ケ谷区)のサーバー上に偽サイトが作られていた問題で、同大は2日、偽サイトへのアクセスが5025件あり、個人情報が19回入力されたとみられると発表した。同大から被害届を受けた保土ケ谷署は不正アクセス禁止法違反容疑で調べている。
 同大によると、偽サイトは計4ページあり、海外のネット決済サービス会社のパスワードに加え、氏名や住所、クレジットカード番号などの記入欄があった。送信内容は無料メールアドレスに転送される仕組みだった。サーバーのアクセス時間も改ざんされ、偽サイトの作成時期は特定できなかったという。
 また、同大はインターネットに接続している学内のサーバー266台を点検したが、異常は見つからなかった。利用者から被害の届け出もないという

(2007.11.4/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-05 06:24 | インターネット総合  

<< ソフト提供、ネット上で――参入... 大日本スクリーン、ファイル開け... >>