携帯の基地局、設置自由化・総務省、来夏メド

 総務省は2008年夏をめどに、携帯電話の小型基地局を利用者が自宅や店舗、オフィスに設置できるよう制度改正する方針を決めた。辞書サイズの小型基地局を購入すれば、高層マンションの室内や地下、山間部などこれまで圏外だった場所でも携帯電話が使えるようになる。小型基地局をブロードバンド(高速大容量)回線につないで通話する仕組みで、一部通話料金の引き下げにつながる可能性もある。

 総務省は年内にも具体案を固め、広く意見を募ったうえで関連省令を改正する
(2007.11.4/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-04 09:36 | 周辺機器  

<< 大日本スクリーン、ファイル開け... mixiも賛同を表明、SNSの... >>