NTT東日本、過払い料金返還を装いATMを操作させる不審な電話を警告




 NTT東日本は1日、10月31日から11月1日にかけて、主に東北地方でNTTの料金返還を装った詐欺行為が発生していると警告した。

 発表によると、詐欺行為は電話にて「NTTですが、過払いの料金を返還いたしたく、本日が締切日となっています。担当につなぎますので9番を押してください」という自動アナウンスが流れ、9番を押すと男性が電話に出て「料金を返還するので、近くのATMに行ってください」と指示されるというもの。報告件数は約50件で、現在のところ実害は確認されていない。

 NTT東日本では、料金返還の必要性が発生した場合、個別のユーザーにたいして料金の返還方法を確認した上で料金返還を行うため、ユーザーによるATMの操作などを求めることは一切ないとして、このような電話には決して応じないよう呼びかけている。なお、同社による料金返還方法は、次回以降の電話料金より減算、指定口座への振り込み、NTT東日本営業窓口での現金返還、もしくは現金書留による送金となっている。
(2007.11.2/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-02 16:57 | インターネット総合  

<< 脆弱性悪用のPDFスパムが急浮... 開発者が明かす「ニコニコ動画」... >>