NECビッグローブ、仮想空間に視聴部屋-動画見ながら感想交換


 NECビッグローブ(東京都品川区、飯塚久夫社長、03・6479・5511)は31日、インターネット上の仮想空間で無料の動画を見ながら視聴者同士で感想を交換できるサービスを1日に始めると発表した。まずバラエティーなど5番組を配信し、順次番組数を拡充する。登録も無料で、すべてのネット利用者が視聴できる。
 サービス名は「みんなでBIGLOBEストリーム」(http://labs.broadband.biglobe.ne.jp/neo/)。仮想の視聴部屋に利用者の分身(アバター)が集まり、番組を視聴する。アバターは10文字程度のコメントや「拍手」「笑う」といったジェスチャーで感想を表現できる。サービスはサイト内の広告や番組CMの収入で運営する。
(2007.11.1/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 16:29 | インターネット総合  

<< Google PageRank... グーグルが700ドル突破、株価... >>