動画ストリーミング サービス『Hulu』、非公開ベータ版を開始




News Corporation と NBC Universal による、待望の動画ストリーミング サービス、『Hulu』の非公開ベータ版の提供が29日始まった。ネットワーク コンテンツに特化して、ユーザーが制作した動画を避けることで、広告主の関心を引きつけられると見込まれている。

すべてのコンテンツは、Hulu のサイトだけでなく、提携の AOLのサイト、Comcast による『Fancast』、『MSN』、『MySpace』、Yahoo! のサイトからも視聴できる。しかし Google の『YouTube』から視聴することはできない。『The New York Times』によれば、Hulu はオンラインでストリーミングされた番組の個々の広告収入を、コンテンツ制作者と配給パートナーに分配するという。

両社が Hulu の立ち上げ計画を発表した5月の時点では、ユーザーが制作したものを含む動画ファイルのアップロードが可能になるとされていた。実際、News Corp. の社長兼 CEO の Peter Chernin 氏と NBC Universal の社長兼 CEO の Jeff Zucker 氏は、Google の YouTube にも参加を呼びかけていた。

しかしその後、YouTube が著作権を侵害した動画を掲載したとして非難され、訴訟を起こされるに及んで、ビジネスモデルは YouTube とははっきり異なるものに転換された。Hulu は新しい、品質の高いテレビ番組のみを提供することになった。つまり、Hulu には嘔吐するネコや、エアボーカル、違法コピーによるテレビ番組の映像はない。

この戦略により、Hulu はプロのコンテンツ制作者や広告主にとってよりよい選択肢になるかもしれない。

Interactive Advertising Bureau (IAB) によると、オンライン広告は2007年上半期に100億ドルに迫ったとみられるなど増加の一途をたどっており、テレビ広告の予算を侵食し始めている。従来型の広告代理店にとってはオンライン動画は扱いにくい面があったが、Hulu はテレビに似ているだけでなく、番組に広告を挿入するというテレビ広告に似た広告フォーマットを採用している。

サービス開始時の広告主として Esurance、General Motors、Intel、Nissan、Toyota など放送メディアで大きな存在感を示す企業が名を連ねる。

実際のところ、広告主とその広告代理店は、既存のテレビコマーシャルを Hulu に流用できるので、広告費の節約になるだけでなく、従来型の広告代理店が制作と予算をそのまま管理できるため、広告キャンペーンのうちインターネットを使って行なう部分だけをネット広告の専門代理店に任せる必要がなくなる。

(2007.10.31/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 14:33 | インターネット総合  

<< 新型Zuneは11月13日発売... パイオニア、プラズマ新工場凍結... >>