楽天、補償率100%の「楽天あんしんショッピングサービス」を開始

 楽天(三木谷浩史会長兼社長)は10月29日、ネットショッピングモール「楽天市場」の利用者を対象にした補償制度「楽天あんしんショッピングサービス」を開始したと発表した。同社はこれまで、商品未着などの状況が発生した場合、状況に応じて商品代金を代位弁済するなどの対応を行ってきたが、新たに制度として設けるのは今回が初めて。


 「楽天あんしんショッピングサービス」は、ユーザーが支払い済みの商品が未着にもかかわらず、「楽天市場」出店店舗との連絡が困難になったなどの状況が発生した場合に、商品代金を楽天が補償する制度。自動車・オートバイ・小切手・印紙・商品券など一部の商品を除く全商品が補償の対象となり、補償率は商品代金の100%、補償額上限は50万円、補償回数は年1回。「楽天会員」に登録した会員であれば、無料で利用できる。


 今回、「楽天あんしんショッピングサービス」スタート記念として、「楽天会員」に登録し、11月30日までの期間中に買い物をした人の中から抽選で、毎日1人に1万ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。対象となるのは、「楽天市場」「ケータイ版楽天市場」「楽天ブックス」「ケータイ版楽天ブックス」の通常購入で、1注文あたりの金額が500円以上。


 楽天では、06年に開始した「商品未着あんしん制度」を受け、出店店舗とユーザーに対して、グループ会社の楽天KCが発行する「楽天カード」の利用促進を図っている。同カードの補償制度では補償金額の上限はなく、「楽天あんしんショッピングサービス」と同様に商品代金の全額が補償対象となる。(2007.10.30/朝日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-30 06:14 | インターネット総合  

<< 一太郎 情報管理に深刻な欠陥 オリジナル家紋作成のジェネレーター >>