また見たいサイトの1位はTDL、日本ブランド戦略研究所調べ

日本ブランド戦略研究所は29日、国内有力企業278社のWebサイトの再訪問意向について調査した結果を発表した。1位は「東京ディズニーランド」で、81.8%の人がまた見たいと回答した。

 調査は5月から6月まで、各調査対象サイトにアクセスしたことがある人を対象にインターネット上で実施し、19,500件の有効回答を得た。2位は、全日空で80.3%、3位はイオンで79.7%、4位はマクドナルドで79.1%、5位はキリンビールで78.9%と続く。上位にはレジャー、運輸、流通、飲料などの企業が目立つ。

 一方、電子・電機業界で最も再訪問意向が高かったのは33位のPanasonic、48位のアップルコンピュータ、52位のNationalなど。情報・通信業界では28位のNTTドコモ、60位のau、109位のYahoo! BB、136位のソフトバンクモバイル、155位のウィルコムなどが入っている。
(2007.10.29/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-30 05:37 | インターネット総合  

<< YouTubeに対抗、大手メデ... 仕事中の息抜きもこれで安心!?  >>