丸善、カード情報を含む顧客情報約65万件を紛失の恐れ




 丸善は26日、顧客情報などを記録した磁気テープ媒体について、データのバックアップ作業を委託していたNTTコミュニケーションズ(NTT Com)からテープを紛失した可能性があるとの連絡を受けたことを公表した。紛失した可能性のある顧客情報は約65万件で、そのうち約15万件にはクレジットカードデータが含まれるという。

 丸善によれば、災害時の業務継続を目的として、NTT Comの大手町データセンターで直近の取引データの一部を磁気テープにバックアップし、大阪に移送して一時保管するという対応を実施していた。この作業プロセスにおいて、磁気テープ1本が紛失した可能性が高いとの報告がNTT Comからあったとして、事態を公表した。

 紛失した可能性のある情報は、個人情報64万9,574件で、このうちクレジットカードデータを含むものが14万6,536件、銀行口座データを含むものが3万906件。紛失した可能性のある情報の中に、店頭で購入した顧客の情報は含まれていないという。

 丸善では10月24日に緊急対策本部を設置するとともに、磁気テープの捜索と全磁気テープの内容確認、防犯ビデオを含む各セキュリティ記録の遡及調査などを行なってきたが、現段階では発見に至っていない。丸善では、当該業務の委託を中止するとともに、所轄警察署に紛失届けを提出。また、この件に関する問い合わせ専用のフリーダイヤルを設置し、顧客からの対応にあたっている。

(2007.10.29/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-29 20:51 | インターネット総合  

<< 仕事中の息抜きもこれで安心!?  難解なネット用語ってなぜ次々と... >>