Leopardで「ブルースクリーン」--アップル、対処法を公開




 Appleは、Mac OS X「Leopard」へアップグレードすると、際限なく「ブルースクリーン」が表示されてしまい、一部のMacユーザーが多大のストレスを抱えている問題について報告し、米国時間10月27日から28日にかけて、同社サイト上にサポートドキュメントを公開した。

 一部ユーザーのLeopardへのアップグレードは、ほぼインストールプロセスが完了し、マシンを再起動しようとする時点で中断されてしまう。Appleのディスカッションフォーラムには、最初の起動画面でMacがフリーズしてしまう問題に関する長大な スレッド ができている。偶然だが、それはブルースクリーンになっているため、Windowsのクラッシュ時の悪名高い「死のブルースクリーン」になぞらえられている。


  Apple は、この問題が「アプリケーションエンハンスメントソフトウェア」に関連して生じていると伝えており、 Computerworld の一記事は、Unsanityの「APE」ソフトウェアが、大半のクレームの原因であると明らかにしている。Unsanityは、MacユーザーがMac OSの見た目を自由にカスタマイズ可能にするソフトウェアを開発している。あるUnsanityの関係者は、Computerworldに対して、AppleがIntel製チップに移行する前に出荷された旧バージョンのAPEが使用されている場合にのみ生じている問題であると語った。

 しかしながら、Appleのサポートフォーラムでは、APEのソフトウェアを全くインストールしたことがないMacユーザーからも障害が報告されており、サードパーティー製のエンハンスメントソフトウェアのみが原因ではないようだ。Appleは、アップグレードを考えているLeopardの購入者に対して、2つの対策を推奨している。まだ経験の浅いユーザーには「 Archive and Install 」機能を用いた、Leopardの再インストールが推奨される。もう少しMacを使いこなしているユーザーには、アプリケーションエンハンスメントソフトウェアをアンインストールするコマンドラインの使用など、別の方法を何度か試みてみるように勧められている。

 こうした推奨方法を試しても、依然としてアップグレードを完了できない場合は、引き続きAppleのサポートページのディスカッションフォーラムをチェックするようにお勧めする。

(2007.10.29/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-29 18:00 | PC  

<< 「Adobe Reader 8... 情報処理受託で大型拠点、ソフト... >>