4―9月のパソコン国内出荷、436万台――JEITA調べ


 電子情報技術産業協会(JEITA)は25日、2007年度上期(4―9月)の国内パソコン市場についての出荷実績をまとめた。国内出荷台数は436万2000台、出荷金額は5369億円だった。前年同期の実績を割り込んだもよう。

 統計参加会社が昨年度の16社から3社減り、13社になった。前年同期との正確な比較はできないという。(2007.10.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-26 17:30 | PC  

<< ゲーム2強明暗 ソニー苦境鮮明に ヤマダ電機、販売パソコンに株取... >>