Motorola、減収減益

Motorolaの7~9月期決算は、94%の減益。不振が続くモバイルデバイス部門は、営業損益が前四半期から改善している。

 米Motorolaが10月25日発表した第3四半期(7~9月期)決算は、売上高は88億1100万ドルで前年同期比17%減、純利益は6000万ドル(1株当たり3セント)で94%減だった。リストラ経費などの影響で、純利益が1株当たり4セント減少したという。

 モバイルデバイス部門の売上高は45億ドルで、前年同期比36%減。同四半期中の携帯端末の出荷台数は3720万台で、同社のシェアは前四半期からさらに0.5ポイント下がり、13%程度になったとみている。営業損益は1億3800万ドルの赤字となったが、前四半期の2億6400万ドルの赤字からは改善した。同部門では、前年同期には8億4300万ドルの営業利益を計上していた(営業損益はいずれも特殊要因を除く)。

 そのほかの部門の売上高は、ホーム・ネットワークス・モビリティ部門が前年同期比6%増の24億ドル、エンタプライズ・モビリティ・ソリューション部門が同47%増の20億ドルだった。

 10~12月期の見通しについては、特殊要因を除いた1株当たり純利益を12~14セントとみている。(2007.10.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-26 17:25 | 周辺機器  

<< ヤマダ電機、販売パソコンに株取... シヤチハタ、電子印鑑で新システ... >>