富士ゼロックス、1分で900枚出力できるデジタル印刷機を発売


 富士ゼロックスは25日、カラー・モノクロともにA4換算で一分当たり900枚出力できるデジタル印刷機を発売したと発表した。個人の関心に応じた広告と組み合わせた請求書や保険証券、特定の言語や地域に特化して発行するフリーペーパーなどの印刷需要を掘り起こす。プロダクション印刷事業を2012年までに現在の2・3倍の3000億円に引き上げる。
 新製品は両面印刷タイプと片面印刷タイプ。価格は標準的な機器構成で4億5000万円と2億5000万円程度。既存製品の買い替えでない新たな需要だけで3―5年間に150―200台の販売を目指す。連続用紙による基幹系データの高速印刷と一インチ当たり600ドットの高解像度を実現、ランプ光でのトナー定着技術により用紙のねじれや縮みを抑える。(2007.10.26/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-26 17:06 | 周辺機器  

<< マイクロソフト7-9月期23%... 100ドルノートPCのWind... >>