パレスチナ武装組織がグーグル活用=電子地図で標的確認-英紙

25日付の英紙ガーディアンは、パレスチナの武装組織がイスラエルに対するロケット攻撃計画に、世界的なインターネット検索サイト、米グーグルの電子地図サービス「グーグル・アース」を活用していると報じた。



 アッバス・パレスチナ自治政府議長の支持基盤ファタハの軍事部門「アルアクサ殉教者部隊」のメンバーは同紙に対し、「グーグル・アースから詳細情報を得て、市街地や慎重さを要する(標的の)地域に関して、われわれの地図と照合している」と述べた。 

(2007.10.26/時事通信社)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-26 11:49 | インターネット総合  

<< NTT 次世代通信網実用化へ FTTH加入者、値上げ響き伸び... >>