ラジオ放送、パソコンで・在阪6社と電通


 大阪市の放送局6社と電通は12月、ラジオの地上波をインターネット経由で再送信する試験サービスを関西地域で始める。アンテナやチューナーがなくても、パソコンでラジオを聞けるようになる。地上波の番組を放送と同時に通信回線で再送信するのは国内で初めて。通信と放送の融合が本格化しそうだ。

 新サービスは「IP(インターネットプロトコル)ラジオ」。朝日放送や毎日放送、大阪放送、関西インターメディア、FM802、エフエム大阪と電通で構成する「IPラジオ研究協議会」が運営する。同協議会は24日に総務省に申請し、12月1日にも試験サービスを始める意向だ。
(2007.10.25/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-25 09:06 | インターネット総合  

<< 富士通、運転者の心拍のゆらぎ解... よくクリックするネット広告のタ... >>