携帯料金の比較を容易に=総務省が具体策取りまとめへ


 総務省は23日、携帯電話の利用者が各社の通信料金を比較しやすくするための具体策を2008年中に取りまとめると発表した。年明けに新設する研究会で、政府が公平な料金比較サイトを認定するなどの案を軸に検討する。



 携帯電話の料金は、端末価格を安く抑える代わりにそのコストを通信料金で回収する「1円携帯」の見直しにより、同じ端末を長期間使い続ける利用者の不公平感が解消されると期待されている。しかし、携帯各社は新たな料金体系に加え、従来型のプランも温存する方針で、利用者にとっては料金体系がより複雑になり、分かりづらいと指摘されていた。 

(2007.10.23/時事通信社)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-24 09:55 | 周辺機器  

<< 「初音ミク」画像、Googleに復帰 「パソコンにお祈り」が効いた?... >>