日立、液晶テレビ「Wooo」シリーズに世界最薄35mmの超薄型モデル――42V型~32V型





 日立製作所は23日、液晶テレビ「Wooo」シリーズに、ディスプレイ部の薄さ35mmと世界最薄を実現した超薄型モデル42V型「UT42-XV700」、37V型「UT37-XV700」、32V型「UT32-HV700」の3ラインアップを発表。12月中旬より順次発売。価格はオープン。


 同ラインアップは、超薄型液晶パネルモジュールを新たに開発し、電源回路やフレーム構造を一新して、ディスプレイ部の薄さ35mmを実現した超薄型の液晶テレビ。また、ディスプレイ部と「Woooステーション」を分離することで設置の自由度を高め、外部機器との接続を格段に向上させたという。

 「Woooステーション」には「iVポケット」を装備し、着脱可能なHDD「iVDR-S」(別売)を利用することで、ハイビジョン放送をそのままの画質で録画できる。

 32V型「UT32-HV700」は、インテリアや個性に合わせて選べるよう、ブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色のカラーバリエーションが用意されている。

(2007.10.23/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-23 20:10 | 周辺機器  

<< アイピーモバイルが香港企業に出... マイクロソフト、欧州当局との長... >>