マグノリア、「ニコニコ録画」の発売中止を発表、ニワンゴからの指摘で




 マグノリア(広沢一郎社長)は10月19日、「ニコニコ録画」の発売を中止すると発表した。動画投稿サイト「ニコニコ動画」「Youtube」に掲載されている動画をダウンロードするソフトで、ダウンロード版は2980円で10月下旬、パッケージ版は4980円で11月16日に発売する予定だった。


 同社は10月17日に「ニコニコ録画」の発売を発表したが、翌18日の夜にニコニコ動画を運営するニワンゴからの指摘を受け、発売中止を決めた。マグノリアでは「ニワンゴからパッケージのデザインやソフトの名称が『ニコニコ動画』に類似しているため、同社が関わっているかのような誤認を与えるとの指摘があったため」と、発売中止の理由を説明している。

 マグノリアは現在「Youtube」の動画ダウンロードのみに対応したソフト「Tube2Pod」を販売しているが、同社では「今回の『ニコニコ録画』は『ニコニコ動画』にも対応した上位版という位置づけだったので、今後はデザインやソフト名を変えて発売する可能性もある」としている。
(2007.10.19/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-19 17:11 | インターネット総合  

<< 「RealPlayer 11」... Amazonの1クリック特許が... >>