新デジ一眼D300の実力は? 発売直前の評価機を徹底的に試した




 ニコンは8月23日、2つのデジタル一眼レフ「D3」「D300」を発表した。いずれもファンの熱い注目を集める、ニコンの新しいフラッグシップモデルだ。11月の発売を今や遅しと待ち焦がれているニコンユーザーは少なくないだろう。しかしそれぞれどんなカメラなのか、依然として情報は少ない。そこで、一般ユーザー向けのフラッグシップモデルD300について、発売前の評価機を徹底的に使ってその印象をまとめた。

●D300はD2Xs後継機? D200から買い替える必要は?

 今回試用したD300は評価機のため、実際に販売される製品とは異なる。さらに、大変残念ながら撮影した画像についてもまだ公開することはできない。しかしその画質については十分満足できるもであったことをまずお伝えしておきたい。それでは、実際に使ってみた感想をお届けしよう。なおレポートの最後には、D300とD200の高速撮影モードでのシャッター音を収録した動画も掲載した。


 ニコンがついに採用した35mmフルサイズ相当のCMOSを搭載する「D3」も非常に気になる存在。しかしボディ単体で50万円を超える価格ともなると、おいそれと手が出せるものではないだろう。まさにプロフェッショナル御用達のカメラだ。

 一方の「D300」は、ニコンが以前から採用し続けてきたDXフォーマット(APS-Cサイズ相当)のCMOSを搭載し、実勢価格は20万円台前半の見込み。ニコンのD80やD200、あるいは他社の中級機からの買い替えを考える場合、まず候補に挙がるのはD300のほうではないだろうか。


 ニコンでは、D3とD300をそれぞれのフォーマットにおけるフラッグシップ機として位置づけている。現在、DXフォーマットのフラッグシップ機は「D2Xs」(とD2Hs)なのだが、これを継承するのがD300になるというわけだ。しかし、その製品名、そしてボディデザインから、D300をD200の後継機として見ている方も多いと思う。実は筆者もそうだった。「D200を持っていれば、D300はいらないでしょ」と。だが、実際に試用してみて、これが大きな間違いであることを思い知らされた。似てはいても、D300は、D200とはまったく別格のカメラだったのである。

●ボタン類の配置が変わってとまどったが、慣れれば問題なし

 D300の操作系は、D200とD80のいいとこ取り+D3と共通の新機能、といった感じだ。ボタン類の配置もD200に準じるが、D200でオートブラケティングボタンだったところが、再生ボタンに変わっている。オートブラケティングの設定は、初期状態ではカメラ前面のファンクションボタンとメインおよびサブコマンドダイヤルで行う方法に変更された。最初はとまどうが、一度設定してしまえば頻繁に操作するものでもないので、これはこれでありだろう。むしろ、再生ボタンと削除ボタンが横に並んだことで、再生→不要な画像は削除、という動作が素早く行えるようになった。

 D80の便利さを取り込んでいるのが、D300の拡大ボタンと縮小ボタンだ。D200では、再生時にボタンを押して拡大モードにし、さらに別のボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すことで、拡大表示の倍率を変えるという操作だった。それがD300では、拡大ボタンを押すだけですぐに拡大表示になり、あとは拡大ボタンを押すごとに倍率がアップする、とD80と同じ操作方法に変更になっている。ボタンを押すだけで拡大、縮小ができるのは非常に便利だ。

●やっと実現した「右に伸びれば+」に変更可能なバーグラフ

 操作系でもうひとつ記しておきたいのが、露出インジケーターの向きが変えられるようになったこと。細かいことだが、これも使い勝手の向上につながっている。とくに他社のカメラと併用する場合には、操作の混乱を軽減できるはずだ。

 D300では、カメラ上部の表示パネルとファインダー内で、露出インジケーターが確認できる。露出インジケーターは、露出のプラス(+)・マイナス(-)をバーグラフで表しており、露出補正やマニュアル撮影時に基準露出からのズレ量を視覚的に把握できるものだ。このバーグラフが、これまでニコンのデジタル一眼レフでは、左が+側で、右が-側だった。他社では右が+側となるのが一般的。心情的にも、バーグラフが右へ伸びるほど+になるほうが直感的なのではないかと思う。

 D300では、この露出インジケーターの+側と-側を入れ替えて、バーグラフが右へ伸びるほど+になるように表示を変更することができるようになった。シャッター速度と絞り値の設定は、メイン・サブコマンドダイヤルを使って行うのだが、コマンドダイヤルの回転方向は、D200から変更可能になっている。この2つの変更を組み合わせることによって、ようやくニコンでも、コマンドダイヤルを左から右に回せば、シャッター速度が遅く(絞り値が小さく)なり、露出インジケーターのグラフが右方向の露出+側に伸びる、という統一感のとれた操作が可能になった。

●メニュー構成の整理は一考の必要あり

 露出インジケーターの向きだけでなく、D300では、さまざまな設定の変更やカスタマイズが可能になっている。自分にとって使いやすいカメラに仕立てる上で、それは歓迎すべきことなのだが、問題点も感じられた。それは、メニュー画面の整理の仕方である。

 ニコンのデジタル一眼レフでは、撮影についての設定を行うのはカメラのアイコンがある「撮影メニュー」、各種設定を自分の好みにカスタマイズするのは鉛筆アイコンの「カスタムメニュー」、カメラの基本的な設定を行うのはスパナのアイコンが付いた「セットアップメニュー」、という具合に分けられている。

 しかし、明らかにカスタマイズの設定であり、頻繁に設定変更などしないようなものが「撮影メニュー」の中にあったり、かと思うと、撮影時に頻繁に設定を変えて撮りたいような機能が「カスタムメニュー」の階層をいくつも下りていったところにあったりと、メニューの整理が中途半端な印象を拭えなかった。

 新しい機種が出るごとに機能が追加されるが、以前の機種で採用しているメニュー項目との整合性をとろうとするあまり、こうしたちぐはぐなメニュー構成になってしまうのではないだろうか。できるだけスムーズかつ直感的な操作を可能にするメニューのあり方を検証して、そろそろメニュー構成の大胆な変更を検討すべきときなのではと思うのだが……。

●ファインダーと液晶モニタの見やすさは秀逸

 D300に対して、D200ユーザーがもっとも悔しく思う点、それは視野率100%のファインダーと、3型と大きな液晶モニタの存在だろう。ファインダーは、見える範囲がそのまま写る視野率100%を達成したことで、撮影時により厳密な構図決定が行えるようになった。「撮ってみたら余分なものまで写り込んでいた」といったことがなくなったし、撮影後にトリミングして構図を微調整する必要もなくなった。

 視野率100%のファインダーを実現するには、かなりのコストを要すると聞く。それだけに、ニコンやキヤノンでは、フラッグシップ機にのみ許されたファインダーだった。今回、それがD300に搭載されたわけだ。実際、D300のファインダーは、視野率100%だけでなく、明るさ、クリアさ、キレ、ピントの山のつかみやすさ、そのどれをとってもD200を超えていると感じられた。登場当時、抜群に見やすいと思われたD200のファインダーだが、その座は完全にD300のファインダーに奪われてしまったように思う。

 液晶モニタの出来映えも特筆に値する。搭載するのは、解像度約92万ドット(VGA)の3型低温ポリシリコンTFT液晶。これがすばらしく高精細で、驚くほど見やすい。日中の屋外、晴天下でも、バックライトの明るさは標準のままで、再生画像を色鮮やかにくっきりと表示してくれる。拡大表示してシビアなピントチェックをしたいときにも、十分信頼の置ける液晶モニタだ。これならもう、フォトストレージをビューワー目的で使う機会はなくなるかもしれない。

●51もあるAF測距点は使いこなせるのか?

 D3とD300で初めて搭載された機能でその真価が未知数なのが、「51点AF」と、1005分割RGBセンサーを活用した「シーン認識システム」、階調補正機能の「アクティブD-ライティング」だろう。

 銀塩カメラのキヤノン「EOS-1v」は45点のAF測距点を備えるが、D3とD300はそれを超える51点のAF測距点を自由に選んでAF撮影が行える。「いくら何でも51点は多すぎでは?」「測距点を選択するのが面倒じゃないのか?」と筆者も考えていたのだが、それは杞憂にすぎなかった。カメラ背面のマルチセレクターで、思ったとおりに素早く測距点を移動して、任意の位置にピタリと止めることができた。

 51点も測距点があるとは思えないほど、スムーズに任意の1点にAFを合わせられる。しかも、ポートレート撮影では、かなり思い切った構図に変えても、必ずほしい位置に測距点が来る。51点という測距点の多さ、しかも、それが画面内を広くカバーしているからこそ可能になったAFの自由度は、一度体験してしまうと、もう後戻りはできない感じだ。「測距点の選択が面倒なら、11点AFに切り替えて使おう」と事前に考えていたが、まったくそういう気にはならなかった。

●格段に進歩したオートホワイトバランス

 「1005分割RGBセンサー」は、D200にも搭載されている。ただこれまでは、適正な露出を導き出すための測光の役割を果たすセンサーだった。しかし、どうやらニコンは、このセンサーから得られる情報をもっと積極的に活用する方法について、開発を続けていたようだ。「シーン認識システム」は、その成果のひとつと言えるだろう。1005分割RGBセンサーからの測光情報、色分布の情報などを利用して、被写体のパターンをカメラが判別。撮影シーンを自動認識して、露出(AE)、AF、オートホワイトバランス(AWB)を最適に制御する「シーン認識システム」を完成させたのである。

 試用した範囲では、AE、AWBとも、その精度が確実に向上していると感じられた。カメラ任せでまったく不安や不満を覚えることはなかった。D200との比較では、特にAWBが格段に進歩した印象を受けた。逆光で緑の草木に囲まれた屋外のポートレートという、ふつうなら色かぶりしやすい条件でも、かなり正確に肌色を再現できていたのには正直驚いてしまった。

●仮にモデルが動いても、捉えた瞳を外さない「3D-トラッキング」

 51点のAFと、このシーン認識システムを駆使して実現しているのが、D300の「3D-トラッキング」機能である。ピントを合わせた対象が移動しても、AF測距点が自動でその対象を追い続けてくれる、という機能だ。従来の動態予測+AFロックオン機能にシーン認識が加わって、さらに進化を遂げたもの。

 ポートレート撮影では、人物の瞳にピントを合わせるのが鉄則。多点AFのカメラでは、構図を決めてからAF測距点を手動で動かして瞳の位置に合わせるのが常道だ。それが「3D-トラッキング」を使えば、最初に瞳にピントを合わせれば、あとは構図を変えても、被写体となる人物が動いても、AF測距点が自動的に瞳の位置を追い続けてくれる機能だ。

 しかし、初めて搭載された機能だけに、まだ完璧とはいかないようだ。ポートレート撮影で試してみたが、速い動きにはAF測距点の追従が遅れてしまうケースがあったし、瞳の位置を見失ってしまうことも何度かあった。どうやら等速移動するケースには強いが、方向も速さも不規則に動きを変えるようなケースはやや不得手のようだ。高速に移動する被写体にも追従できるようになれば非常に便利な機能だ。今後のブラッシュアップに期待したい。

●撮って出しでOK、満足のいくJPEG画像

 「アクティブD-ライティング」は、撮影画像の極端にアンダーな部分だけを自動的に補正してくれる機能である。ニコンのコンパクトデジカメや、D80、D40、D40x、RAW現像ソフトのCaptureNXなどに搭載されている「D-ライティング」が多少進化した程度のものだろう、とタカを括っていたのだが、どうやら従来のD-ライティングとは根本的に処理過程が違っているようだ。

 シャドー部の持ち上げ方が、実に自然になっているのである。中間部やハイライト部には影響を与えず、うまくシャドー部だけを拾ってくれている。トーンカーブやヒストグラムを操作するような感じだった、これまでのD-ライティングと違い、アクティブD-ライティングは、ピクセル単位で輝度を判別して効果を適用しているような印象がある。撮影後にCaptureNXでD-ライティングを施すよりも、確実に自然な仕上がりが得られることは間違いない。筆者としては自信を持って、「D300では、アクティブD-ライティングは『弱』でオンにしたまま」を基本設定にして問題なさそうだ。

 JPEG撮って出しでの、D300の撮影画像の傾向だが、これも非常にバランスがとれている。D200は、よく言えば素材感のある画像、悪く言えばフラットで眠い印象の画像だと思う。一方、D80やD40/40xで撮ったJPEG画像は、かなりメリハリが強くてハデな印象だ。コンパクトデジカメからステップアップした人や、とくに画像補正などしないでプリントして楽しみたい人向きの画像だと思う。

 D300は、ちょうどその中間にあるような感じ。自然な発色のリバーサルフィルムに近いようなJPEG画像だ。そのままなら、プロビア100FやエクタクロームE100G、必要なら少し補正を加えてベルビア調やE100VS調にもできる、といった雰囲気を持ち合わせている。これまでニコンのデジタル一眼レフのJPEG画像に何となく不満を感じていたような人でも(筆者もそうなのだが)、D300のJPEG画像なら、かなり満足できるのではないかと思う。

●高感度ノイズは、D200よりも断然優秀

 最後に、高感度撮影時のノイズについても触れておきたい。D300では、標準感度がISO200になり、最高感度はISO3200(さらに1段増感してISO6400まで設定可能)となった。D200の標準感度はISO100なので、単純に考えても1段分は高感度撮影に強くなっているはずだが、画素数アップがそれにどう影響しているかが気になるところ。

 高感度撮影時のノイズは、被写体や撮影条件、また、どの程度までを実用域と考えるかで判断は異なってくる。あくまで筆者の印象を語らせてもらえば、D300の高感度ノイズの少なさは、D200やD80以上だが、600万画素のD40にはわずかに及ばない、といったところだろうか。

 D40は、ニコンの歴代デジタル一眼レフの中でも突出して高感度ノイズが少ないことで知られるが、D300は、D40の倍の画素数(それだけ画素ピッチが狭い)にも関わらず、非常に健闘していると思う。ポートレート撮影では、ISO400ではまったく問題なし、ISO800でもそれほど気にならなかった。筆者がD200で行うポートレート撮影では、ISO200までが限界で、ISO400は緊急避難と割り切るほかなかったことを考えると、D300の高感度は「かなり使える」と感じた。

●自信をもって合格点を出せる

 D300について、ほかにも試用してみて実感できたことなど、語りたいことは山ほどあるのだが、これ以上は際限がなくなりそうなので、結論だけを述べておこう。正直なところ、筆者は、「DXフォーマットのデジタル一眼レフはもういいだろう。これからの主流は、やはりFXフォーマットのD3のほうだ」と考えていた。

 しかし、D300を使えば使うほど、その考えは誤りだとわかった。極めて上質なファインダーと液晶モニタ、ぴたりと決まるAF・AE・AWBの性能、使用時のあらゆるフィーリング、そして撮影画像のクオリティ。D300は、どれをとっても合格点の「いいカメラ」だと感じた。まさに「D300は、D200の衣をまとった、D2Xsの後継機」なのだということも強く感じた。発売が楽しみだ。(フリーカメラマン・榎木秋彦)
(2007.10.19/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-19 17:08 | 周辺機器  

<< Amazonの1クリック特許が... auの「W53S」にフリーズす... >>