「Mac OS X Leopard」を10月26日午後6時に出荷





 アップルは10月16日、次期OS「Mac OS X Leopard」の出荷を10月26日午後6時から行うことを発表した。すでに予約も開始している。


●直販のApple Storeではすでに予約が開始

 アップルがMac OS Xの6番めのメジャーリリースとなる“Leopard”こと「Mac OS X v10.5」の発売を10月26日午後6時から行うことを発表した。同時に直販のApple Storeでの予約受付も開始されている。

 価格は1万4800円で、同一住居内での5人分のユーザーライセンスを含んだ「ファミリーパック」は2万2800円と、前バージョンのMac OS X v10.4“Tiger”から据え置かれている。また、2007年10月1日以降に新品のMacを購入したユーザーには、1280円でLeopardにアップグレード可能な「Mac OS Up-To-Dateアップグレードパッケージ」が用意される。

 アップル最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズ氏は、「Mac OS Xの6番目のメジャーリリースとなるLeopardは、アップルがこれまでにリリースした中でも最高のアップグレード。新しい革新的な機能を満載した究極のバージョンを、わずか1万4800円ですべての人が手にすることができる。」と述べている。

 なお、Leopardの動作には、512Mバイト以上のメモリとIntelおよびPowerPC G5/G4(867MHz以上)のCPUを搭載したMacが必要だ。

(2007.10.17/+D PC USER)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-17 19:42 | PC  

<< 上野樹里のSecond Lif... FC2、ネット視聴率で Goo... >>