米オンライン小売りの年末商戦売り上げ予想、過去最高の330億ドルに


米国では、年末にオンラインショッピングで使う金額がさらに増えそうだ。

 今年のホリデーシーズンにおける米オンライン小売りの売上高は、前年対比21%増の330億ドルに到達する――調査会社Forrester Researchが10月15日、報告書をまとめた。同社は2500人のオンラインユーザーを対象に、小売分野を8つに分け、消費計画について尋ねた。

 調査の結果、回答者の80%はアパレルおよびアクセサリーの分野での購入を検討していると回答、同分野が8分野のうちトップだった。また配送費無料サービスへの関心が高く、61%は同サービスを提供するオンライン小売店で購入したいと回答した。

 一方、包装や速達サービスなどの特別サービスに対してはシビアになっており、2006年には45%が「利用してもよい」と答えたのに対し、今年は26%まで下がっている。

 ギフトカード需要は堅調で、18%が昨年よりもさらにギフトカードにお金を使いたいと回答した。

 Forrester Researchは感謝祭(11月の第4木曜日)からクリスマスにかけてをホリデーシーズンと定義している。(2007.10.17/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-17 18:40 | インターネット総合  

<< 成熟するGoogle、今後のカ... 国会図書館が書籍検索ポータル開... >>