千葉県職員15,000人の個人情報が「Share」で流出、業務委託先から




 千葉県は16日、県職員約15,000人分の個人情報が、ファイル交換ソフト「Share」のネットワーク上に流出したことを明らかにした。業務委託先である富士通エフサス社員の私物PCがウイルスに感染したことが原因。

 流出したのは、県職員約15,000人の部署名、氏名、ID、メールアドレスなどで、2006年1月に作成されたもの。現時点では、情報の不正利用などの事実は確認されていないが、千葉県では「情報の入手者が職員になりすまして不審なメールを配信する可能性がある」として、注意を喚起している。

 千葉県によれば、富士通エフサスの社員は、県職員が業務で使用するPCにログインするためのICカード作成業務に携わっていたという。社員は、県職員の個人情報を自宅に持ち帰って作業していた。当時、自宅PCにShareはインストールされていなかったが、その後、社員の家族がShareを使用し、ウイルスに感染したため2007年10月14日頃に個人情報が流出したという。


(2007.10.17/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-17 17:53 | インターネット総合  

<< iPhone、11月29日にフ... NEC、省電力CPU採用のDC... >>