NEC、省電力CPU採用のDC向け1Uサーバ発売


 NECは16日、従来品と比べ処理性能を30%高めたデータセンター(DC)向け省スペース1Uサーバ「エクスプレス5800/i110Rc―1h」を発売したと発表した。最新の省電力中央演算処理装置(CPU)を採用したほか、省スペース1Uサーバとしては初めてホットプラグ機能付きSASハードディスク(HD)に対応。価格は17万6400円から。
 奥行きを従来比半分の355ミリメートルとした1U(高さ=44・5ミリメートル)サーバで、CPUとして低消費電力を実現するインテル製「コア2デュオプロセッサー」を搭載した。さらにホットプラグ機能付きSASHDを採用。サーバを停止させずにHDの交換が可能となるほか、交換時間も約3分の1に短縮できる。
 同時にデータセンター内のサーバのHDを遠隔監視できる「ハードディスク監視機能付モデル」も発売した。価格は23万8350円。(2007.10.17/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-17 11:39 | PC  

<< 千葉県職員15,000人の個人... 閉じられた首相HP・サイト閉鎖... >>