エプソン、大判インクジェットプリンタでインクがメンテナンスタンクから機外へ漏れる不具合





 セイコーエプソンは16日、大判インクジェットプリンタ「MAXART PX-6200S/PX-7500S/PX-9500S」の一部の製品で、使用方法や使用環境によってインクがメンテナンスタンクから機外へ漏れる可能性があることを発表。該当製品に対し、無償点検修理を行う。

排出されたインクがメンテナンスタンク(PXMT2)からあふれて、機外へ漏れ出す現象で、使用頻度が高く、低湿度環境で使用すると発生する可能性があるという。

 該当製品の製造番号を確認するには、本体背面に貼付されている「製造銘板」に記載された10桁の英数字を、同社サイトの「該当製品確認画面」に入力する。
(2007.10.16/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-16 18:17 | 周辺機器  

<< iPhoneには有害化学物質が... Netscape Naviga... >>