エクスプローラの右クリックメニューをスタイリッシュなリング型に変更





 エクスプローラの右クリックメニューをスタイリッシュなリング型に変更できるソフト「Ring Menu」Beta1が、6日に公開された。Windows XP/Server 2003/Vistaに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。なお、Windows XP/Server 2003上で利用する場合は.NET Framework 3.0が必要。
 「Ring Menu」は、エクスプローラの右クリックメニューをリング型のメニューへ変更できる常駐型ソフト。デスクトップやフォルダウィンドウを右クリックした際に、右クリックメニューの各項目をリング状に並んだアイコンとして表示できる。75×85ピクセルほどの大きさで背景が半透明のアイコンが、右クリックするたびにフェードインして現れるのが美しい。

 リング状のアイコンはマウスホイールや左右のカーソルキーで回転させることが可能。リングの中心には真上の項目名と項目の簡単な説明が表示される。項目はアイコンのクリックや[Enter]キーで実行可能だ。

 また、本ソフトのタスクトレイアイコンを右クリックすると現れる設定画面では、リングを表示する際に真上から時計回りでアイコンが現れるよう設定できる。そのほか、リングの大きさやアイコンの背景色などを指定することも可能。

 なお、本ソフトはベータ版のため不具合が存在する可能性がある。編集部で試用したところ、他ソフトが右クリックメニューへ追加した独自項目を実行しようとすると、本ソフトが強制終了することを確認した。利用する際は注意しよう。

(2007.10.16/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-16 16:21 | PC  

<< インターネットの「広告過依存」... アイデアに著作権なし……それで... >>