MSのオンラインストレージサービス、容量が1Gバイトに


Windows Live SkyDriveの容量がこれまでの500Mバイトから倍増した。

 米Microsoftは10月11日、オンラインストレージサービス「Windows Live SkyDrive」の容量を1Gバイトに増やしたことを明らかにした。

 SkyDriveは同社が6月にβ版として立ち上げたサービスで、これまでの容量は500Mバイトだった。

 容量が増えたほかにも幾つかの新機能が追加された。ほかのユーザーが公開しているフォルダの更新情報をRSSフィードとして受け取れるようになり、自分の共有フォルダに誰がどのファイルをアップロードしたのかが分かるようになった。また、SkyDriveからアドレス帳に直接友人を追加できるようになった。これまでは、アドレス帳に載っていないユーザーとフォルダを共有するのは難しく、HotmailかWindows Live Messengerからそのユーザーをアドレス帳に追加しなければならなかった。(2007.10.12/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-14 17:00 | インターネット総合  

<< 1982年以来初のインターネッ... “カラオケ歌広場”全店舗で、E... >>