ドコモなど3陣営、次世代無線通信の事業免許を申請



次世代高速無線通信事業への参入を表明しているNTTドコモ<9437.T>とKDDI<9433.T>、ソフトバンク<9984.T>の3陣営は11日、総務省に事業免許を申請した。PHS最大手のウィルコム(東京都港区)は単独で申請手続きを済ませており、2つの免許枠の取得を目指す4グループがすべて出そろった。
 総務省は各陣営の事業計画を審査し、年内にも免許を交付する。
 免許申請にあたり、ドコモはアッカ・ネットワークス<3764.Q>、KDDI<9433.T>は京セラ<6971.T>、ソフトバンク<9984.T>はイー・アクセス<9427.T>などとそれぞれ連合を組んでいる
(2007.10.11/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-11 15:37 | 周辺機器  

<< 三洋の携帯事業は京セラへ、両社... 「おさげの元同級生」かたるマル... >>