「おさげの元同級生」かたるマルウェアにご用心




 音信不通だった高校時代の同級生を装ったメールで感染を広げようとするマルウェアが出回っているとして、英セキュリティ企業Sophosが注意を呼び掛けている。


 このメールは「アン・バーンズ」という若い金髪のおさげの女性からのメッセージを装っている。アン・バーンズは高校時代の同級生と名乗り、「今も時々あなたのことを考えます。授業中にこっそりおしゃべりしたこととか……」など甘い思い出話をして、彼女のホームページと称したURLをクリックさせようとする。URLをクリックすると、個人情報を盗むトロイの木馬がインストールされる。

 「受信者は寂しさや下心、あるいは単に好奇心からリンクをクリックするかもしれないが、そうしたらハッカーの罠にはまる恐れがある」とSophosの上級テクノロジーコンサルタント、グラハム・クルーリー氏は言う。同氏は、最近女優のヌードをエサにしたウイルスメールが出回っていることに触れ、「下半身で求めるのではなく、頭で考える必要がある」と忠告している。
(2007.10.11/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-11 14:20 | インターネット総合  

<< ドコモなど3陣営、次世代無線通... 「ニコンドライフ」始動 新「ニ... >>