明治製菓の顧客情報1万5000人分がネット流出




 明治製菓(本社・東京都中央区)は9日、キャンペーンの応募者など1万5059人分の顧客情報が、ファイル交換ソフト「ウィニー」を介してインターネット上に流出したと発表した。

 同社によると、2004~05年に募集した「母の日花束プレゼント」など四つのキャンペーンの応募者や当選者の情報。ほとんどに名前や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスが記されていた。

 キャンペーンの集計業務を委託していたホームページ制作会社の元男性社員がデータを無断で持ち帰り、自宅のパソコンに接続したのが原因とみられる。

 先月26日に外部から連絡があり、流出がわかった。
(2007.10.9/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-10 04:36 | インターネット総合  

<< Google、ビデオ版AdSe... グーグル、株価600ドル突破 >>