PS3値下げ 3万9980円のPS2非互換モデルも





 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は10月9日、40GバイトのHDDを搭載した新型「プレイステーション 3」(PS3)を11月11日に3万9980円で発売すると発表した。「プレイステーション 2」(PS2)との互換性がなく、PS2向けソフトを利用できないが、「年末商戦に向けてお求めやすい価格で提供できる」としている。


 ボディカラーにはPS3として初めて「セラミック・ホワイト」を追加。「クリアブラック」との2色展開になる。

 PS2互換ありの現行2モデルは、10月17日からそれぞれ5000円程度値下げする。20Gバイトモデルは4万9980円から4万4980円に、60Gバイトモデルはオープン価格(実売5万9980円前後)から5万4980円に、それぞれ5000円程度の値下げになる。

 HDD容量では新型より少ない20Gバイトモデルが、価格では新型より5000円高いという“逆転現象”が起きることになるが、値下げする現行2モデルは従来通りPS2向けソフトも利用できる点で異なることになる。

 同社は「PS2と互換性がないモデルについては、市場動向を見ながら投入を考える」としており、今後20Gバイト、60GバイトモデルでもPS2互換なしの廉価版を発売する可能性もあるという。

 また、振動機能付きワイヤレスコントローラーも、ブラック、ホワイトの2色で11月11日に発売する。それぞれ5500円。

(2007.10.9/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-10 04:34 | 周辺機器  

<< グーグル、株価600ドル突破 メルマガ「EZホットインフォ」... >>