メルマガ「EZホットインフォ」で総額5,000万円の誤請求




 KDDIおよび沖縄セルラーは、無料広告メールマガジン「EZホットインフォ」において、2006年9月15日~2007年4月30日にかけて、本来無料となる操作にもかかわらずパケット通信料が発生していたとして、過剰請求分を10月の請求額から差し引くと発表した。

 「EZホットインフォ」は、ユーザー属性に合わせた商品やプレゼント企画などを紹介するメールマガジン。情報料無料で配信されており、CDMA 1X WINの「EZ WIN」を契約すると、自動的に会員となる。

 このメルマガについて、公式メニューの「au Style」→「auのメルマガサービス」→「EZホットインフォ(WIN)」か、「登録メルマガ確認・解除」→「EZホットインフォ(WIN)」から解除する場合、パケット通信料は発生しないと案内されていたが、実際には、2006年9月15日~2007年4月30日の間は通信料が請求されていた。

 対象地域は全国で、対象件数は100万1,870件。過剰請求の総額は5,008万442円(1件あたり約50円)に上る。原因はパケット通信料を無料とするための登録作業ミスとしており、料金システム自体の不具合ではないとしている。

 なおKDDIでは、該当するユーザーに対して、10月の請求(9月利用分)から過剰請求分を差し引く形で返還する。該当ユーザーの10月の請求書には、「調整額」と記される。すでにauを解約しているユーザーについては、別途ダイレクトメールで返金方法が案内される。返還の対象には、パケット定額サービス加入者(パケット上限額内)や、パケット割引サービスの無料通信分に収まるユーザーは含まれない。

 KDDIでは、対象ユーザーの洗い出しや料金計算に時間がかかり、ユーザーへの周知が遅れたことを謝罪。今後、課金と非課金のルーチンを見直し、社内の管理体制を強化するとしている。
(2007.10.9/ Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-10 04:32 | 周辺機器  

<< PS3値下げ 3万9980円の... 富士通ネットの監視システム、侵... >>