空気を読む力を数値で判定するテストに一喜一憂


「空気読み力テスト」が話題となっている。これは、最近「空気嫁」や「KY」などのことばが様々な場所で取り沙汰されることを受け開発されたテスト。どれぐらい空気を読むスキルがあるか、もしくは「空気読めない」かを知ることができるのだ。対象年齢は15歳以上。

「話しながら相手の顔色を見て内容やyes/noを切り変えることは得意だ」や「場が気まずい雰囲気になった時にすぐに別の話題を投げることで雰囲気を変えることができる」など、計24の設問に答えることで、判定をしてくれる。

 判定ページに移ると「空気読み力」を構成する5つの要素−−「空気支配力」「人間洞察力」「文脈把握力」「会話柔軟力」「TPO力」をレーダーチャートで教えてくれる。そして、総合店である「空気読み力」を「69(Aクラス/一般人)」「34(Bクラス/軽度KY(空気読めない))などを明らかにしてくれる。

 このテスト結果をブログで報告する人たちは「軽度ということはまぁまぁ空気読めてるってことでしょうか」「軽度でよかった(ノ´▽`)ノ」「予想通り でも、ときどきみんなの輪に入っていけなくなるときがあります(ノ_<。)うっうっうっ」など、様々な感想を述べている。

 6ポイントで(Cクラス/重度KY(空気読めない))と診断されて「まぁ、いいんです。そういう脳味噌持ってる人間なんで、それに合った生き方をすれば」と自覚をしつつも、ムリをしないことを宣言する人もいる。(2007.10.8/ネタりか)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-09 06:23 | インターネット総合  

<< 「可聴周波数域チェッカ」:騒音... テレビはどこまで「薄く」「安く... >>