賠償金、1曲100万円=個人に初の評決-音楽ダウンロードで・米




米ミネソタ州連邦地裁の陪審団は4日、違法サイトから楽曲を無償ダウンロードしたのは著作権法違反だとして、同州の女性(30)に過去最大となる22万2000ドル(約2600万円)の賠償金支払いを命じた。
 米メディアによると、訴えたのはソニーBMGなどレコード6社で、一般個人を相手取った訴訟が公判に持ち込まれた初のケース。著作権法の侵害が「故意」だと判断されたのは24曲で、賠償金は1曲につき9250ドル(約108万円)に上る。
 この女性はファイル交換ソフトを使い、「Kazaa」のサイトを利用して楽曲をダウンロードした。女性が使用したユーザーネーム、インターネット接続プロバイダーの記録などが証拠となり、有罪評決が下された。 
(2007.10.6/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-06 16:41 | インターネット総合  

<< シャープ、データをカードに保存... Xerox、普通のトナーで可能... >>