IE7日本語版を自動更新で誤配布マイクロソフトが操作ミスで






 マイクロソフトは4日(米国時間)、Windows XP SP2用のInternet Explorer 7(IE7)日本語版を誤って自動更新で配布してしまったことを明らかにした。米国時間の4日付で、Microsoft Updateの「優先度の高い更新プログラム」に登録されていたため、Windowsの「自動更新」の設定によっては、インストールまで自動で行なわれてしまう可能性があった。

 同社では、IE7日本語版の自動更新による配布時期について、IE7の公式ページなどで「2008年以降」と表記している。しかし、「なんらかの操作ミス」(マイクロソフト広報)によって、自動更新による配布を行なうように設定されてしまったという。

 現時点までにマイクロソフトでは、自動更新でIE7を配布する設定を解除した。また、意思に反してIE7をインストールされた場合のアンインストール方法や、今回の件に関する経緯などについては、本日中に同社サイトのトップページに掲載するとしている。
(2007.10.7/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-05 22:37 | PC  

<< ドコモ・アッカ連合、ネット5社... 10月のMSパッチは「緊急」含... >>