米ネット広告売り上げ、四半期で50億ドルを突破

ネット広告の売上高は、上半期合計でも過去最高を記録。課金方法別では、成功報酬型がインプレッション保証型の売り上げを上回った。

 ネット広告の米業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)とPricewaterhouseCoopers(PwC)は10月4日、2007年上半期の米ネット広告売り上げ額の統計を発表した。上半期の売り上げは100億ドル近くに達し、前年同期を27%近く上回り、過去最高を更新。うち、第2四半期のインターネット広告収入は51億ドルで、四半期売り上げで初めて50億ドルを突破した。

 IABでは、「この結果は驚くべきものではないが、歓迎すべきニュースだ」とコメント。ネット広告のインタラクティブ性を、より多くのマーケティング関係者が評価しているとし、今後もネット広告売り上げは力強い伸びが続くとみている。

 上半期の売り上げを種類別にみると、検索広告が全体の41%、ディスプレイ広告が32%を占め、クラシファイド広告(17%)、リファーラル広告(8%)などを大きく上回っている。課金方法別では、成功報酬型の比率が前年同期の47%から50%に増加し、シェア45%のインプレッション保証型(CPM)を抜いた。(2007.10.5/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-05 09:32 | インターネット総合  

<< HP、動画配信およびオンデマン... DVDからネット通販、東芝と技... >>