DVDからネット通販、東芝と技術普及組織・米マイクロソフト

 米マイクロソフトと東芝は、次世代DVD規格「HD―DVD」の映像ソフトから直接インターネットに接続する技術を普及させるためのコンソーシアムを年内に設立する。この技術を使えば、映画観賞中に登場人物の衣装や持ち物が気に入った場合、リモコン操作でネットを通じて注文できるようになる。映像制作会社や流通業などの参加を呼びかけて、同DVD規格の普及に弾みを付ける。

 5日に発表する。両社はHD―DVD規格を推進しており、マイクロソフトが開発した「HDi」と呼ぶネット接続ソフトの普及を目指す。DVDの映像を再生中に、映画に登場した様々な商品をその場で注文したり、ロケ地の観光案内を入手したりできる。(2007.10.5/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-05 09:30 | 周辺機器  

<< 米ネット広告売り上げ、四半期で... NTT西、宅内監視サービス拡販... >>