NEC、出先から自宅PCを遠隔操作できる技術を開発

NECは2日、出先でネットワークに接続した端末(クライアント機器)から自宅のパソコンを遠隔操作できる技術を開発したと発表した。映像などのデジタルコンテンツと高速通信基盤の普及により、場所を問わずパソコンの機能を利用したいとの要望が増えているため。08年前半にこの技術を実装したクライアント機器とパソコンなどを含むソリューションを商品化する。動画の中で変化したフレームだけを細かく圧縮することで、無線LANでも大容量データを圧縮転送できる高密度集積回路(LSI)を開発した。(2007.10.3/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-03 14:43 | PC  

<< Google Mapsで世界各... 福田康夫首相公式ページが「すご... >>