国内家庭用ゲーム市場、ハード・ソフトとも任天堂が圧勝




 ゲーム雑誌出版会社エンターブレインが1日まとめた2007年度上半期(3月26日~9月23日)の国内家庭用ゲーム市場の推定規模(速報)は、前年同期比21・7%増の2927億円だった。

 据え置き型ゲーム機の販売台数は、任天堂の「Wii」が159万台を突破し、他の大手2社を圧倒した。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション3」は約38万台、マイクロソフトの「Xbox360」は約8万台だった。

 携帯型でも、幅広い年齢層の支持を集める「ニンテンドーDS」(Lite含む)が約347万台と好調に推移。SCEの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」シリーズ(約107万台)の3倍を超えた。
(2007.10.1/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-02 04:52 | 周辺機器  

<< NTTSMC、携帯に長時間映像... 「CEATEC JAPAN 2... >>