トランスコスモス、CGMを監視する「CGM投稿監視サービス」開始

トランスコスモス、WebのリスクマネジメントとしてCGM(消費者生成メディア)を監視するサービスを開始。

トランスコスモス株式会社は2007年10月1日、ブログやSNS、掲示板、動画投稿などCGMを監視する「CGM投稿監視サービス」を開始した。


企業のブランドイメージ向上、収益向上のために消費者クチコミを有効活用する“バズマーケティング”、“バイラルマーケティング”などという形で定着しつつあるが、消費者発信メディアであることによるリスクも少なからず存在し、誹謗中傷コメント、トラックバックスパム、著作権抵触などにより一歩間違うと企業サイトのメディア価値を低下させることになりかねない。「CGM投稿監視サービス」はCGMを代行して24時間365日監視する。月間8万円から
(2007.10.1/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-01 14:59 | インターネット総合  

<< 「ワンセグ」が変えていくテレビ... アイピーモバイル、現経営陣退陣... >>