エプソン、新開発のヘッド搭載したジェットプリンターを発売


 セイコーエプソンは画質と印刷速度を高められる独自開発のプリントヘッド「マイクロピエゾTFヘッド」を初めて搭載した大判インクジェットプリンター「PX―20000」を10月下旬に発売する。価格は241万2900円。ポスターやのぼりなど屋内外の広告の印刷、写真やアート作品などの印刷用として売り込む。
 同ヘッドはノズル集積度が従来比2倍の一インチ当たり360ドット、一秒当たり約4万滴のインクを吐出できる。インクも新たに開発した「ビビッドマゼンタ」を採用して青やマゼンタ(赤紫)の再現領域を広げた。用紙幅は最大64インチ。
(2007.9.29/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-29 13:58 | 周辺機器  

<< 「量は質を殺すのか」――メディ... マイクロソフト、Live Se... >>