ロック解除されたiPhoneがソフトウェアアップデートで使用不能に




 Appleは米国時間9月27日、Wi-Fi Music Store、複数のセキュリティパッチ、強化機能を盛り込んだ「iPhone」用アップデートをリリースした。しかし予想されていたとおり、AT&T以外のネットワークで動作するようロック解除されたiPhoneは、緊急電話をかける以外、ほとんど機能しなくなった。

  Macworld によれば、オフィスにあるSIMがハックされた2台のiPhoneが、アップデートのインストール後に動作しなくなった。メッセージには、アクティベーションを完了させる前に「ロック解除された有効なSIMカード」を取り付けるよう書かれていた。その状態は、iPhoneが発売された最初の週末に多くのユーザーがアクティベーション待ちでやきもきした、あのときの状況とほぼ同じであった。

  Gizmodo は、AT&Tが提供している元々のSIMカードと新しいSIMカードはどちらとも、元々のSIMカードでアクティベーションが行われた後にネットワークからロック解除されたiPhoneでは機能しないと報告している。AT&Tから新しいSIMカードを入手して、再アクティベーションを行おうと考えているiPhoneの所有者にとって、これは大きな問題になるだろう。

 他にも同様の経験に関する報告が寄せられている。他社製ソフトウェアをインストールできる「jailbreaking」ソフトウェアアプリケーションをダウンロードしたユーザーについては、AT&Tネットワークを利用している場合、同様の問題には直面していないようだが、再アクティベーション後に他社製アプリケーションが削除されたとの報告が複数寄せられている。
(2007.9.28/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-28 19:39 | 周辺機器  

<< Wiiで引きこもり克服も――精... アイピーモバイル、株主総会で取... >>