アイピーモバイル、株主総会で取締役4人を解任へ



 携帯電話事業参入を目指しているアイピーモバイルの竹内一斉社長は28日、東京・千代田の自社内で会見し、竹内社長を含む4人の取締役を解任し、新たな取締役を選任するための株主総会召集通知を森トラストから受けとったと発表した。株主総会を実施する時期については未定だが、「すみやかに開催されると思う」(竹内社長)という。

 アイピーモバイルの筆頭株主は今年4月にマルチメディア総合研究所から森トラストに移り、さらに7月に米通信会社のネクストウエーブ・ワイヤレスに移ったが、ネクストウェーブからの要請があれば森トラストが株式を買い戻す条件があったため、9月に再び森トラストが株式を買い戻していた。

 森トラストは買い戻した株式をアイピーモバイル取締役会長の杉村五男氏に売却することを明らかにしているが、28日の竹内社長の説明によると「株式の譲渡には取締役の承認が必要で、(取締役会では承認していないので)株主名簿の書き換えは完了していない」という。

 株主総会の召集通知には杉村氏の要請により株主総会を召集し、杉村氏を除く4人の取締役を解任し、新たな取締役を選任する提案がされることが書かれているという。

 アイピーモバイルは2005年11月に2ギガヘルツ帯を使った携帯電話事業の免許を取得しているが、サービスを開始しなければいけない期限である11月9日が迫っている。
(2007.9.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-28 18:37 | 周辺機器  

<< ロック解除されたiPhoneが... ニコニコ動画にMTVが動画配信 >>