ツンデレTV無事発売、謎に包まれたツンデレボイスを動画とともに一挙公開




 今日9月28日は、ツンデレTVこと「SEGNITY(セグニティ)」の発売日。何度も発売延期を繰り返した製品だったが今回は大丈夫のようだ。そこで、一番興味を引くツンデレボイスの実際に迫ってみた。一体どんな声でどんな声でナビゲーションするのか……。この疑問にお答えすべく、音声つきの動画で動作する様子をご紹介する。



●声を当てているのはツンデレ女王のあの人!? よぉく耳を澄ませば……

 当初はにべもなくNGを食らっていた動画の公開だが、粘り強い(しつこい?)交渉の結果、販売元のイー・レヴォリューションからついに動画公開のOKを取り付けた。ただ残念ながら画質が悪く録音もバッチリとはいいがたい。片方は諸般の事情により携帯電話で撮影した映像。声も聞き取りにくくて申し訳ないが、よく耳を澄ませて聴いて欲しい。なお、職場のパソコンでこっそり聴きたい人は、イヤホンの使用をお薦めする。周りの人に聴かれてしまうと、恥ずかしいだけではなく、白い目で見られてしまう危険性もある。再生時には十分注意してもらいたい。

 しゃべるTV、といえば、やっぱり気になるのが声を担当する声優の存在。イー・レヴォリューションによると、「ツンデレ界の女王といわれる人です」と、名前までは明かしてもらえなかった。まず、「ツン」状態でチャンネルボタンをいじっている時のナビゲーションを紹介しよう。チャンネルボタンを押すと「チャンネル変える気!?」となじられる。それにもめげずにチャンネルを変えるため「+」や「-」ボタンを押すと、「ちょっとぉ、見てるんだから勝手に変えないでよね」「か、勝手にすればぁ」とそっぽを向かれてしまう。

 なお、音声ナビゲーションがしゃべっている間は、番組の音声は聴こえない仕様になっているので、ドラマなどの視聴中にうっかり音量調節などすると、聴きたかったドラマのセリフを聴き逃す危険があるので注意したい。

 次は長時間使い込んで「デレ」状態にしたナビゲーション。同じくチャンネルボタンをいじっている時の音声だ。デレデレ、甘々な「チャンネル、変えるね」「チャンネル、変えま~す、えいっ」という声が聴こえるだろうか。ナビゲーション、というより隣で可愛らしくリモコンを操作している女の子の姿が想像できる。

 ここまで聴いてお気づきの人もいるかもしれないが、どうやら声を当てているのは、アニメ「ゼロの使い魔」の主人公ルイズや、「ハヤテのごとく!」の三千院ナギなど、ツンデレキャラを多く演じた釘宮理恵さんのようだ。

 今やパソコンや携帯電話などでワンセグ放送が気軽に見られるようになったが、釘宮さんが演じる可愛いツンデレっ娘と一緒にテレビを見られるワンセグTVは「SEGNITY」だけ。玩具店や家電量販店の玩具コーナーなどで販売する
(2007.9.28/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-28 11:32 | インターネット総合  

<< 正式オープンの新ポータル「au... 企業の「パラダイス鎖国」と2枚... >>