ネットの動画をDVDで記録



これは通信大手のKDDIが27日から始めるものです。新たに設ける専用のホームページから利用者が映画などを購入しますと、パソコンに配信されるだけでなくDVDに記録されます。利用者は、著作権を保護する技術を備えたDVD-RWというディスクを用意する必要がありますが、記録が済んだあとはパソコンだけでなく、家庭用のDVDレコーダーなどでいつでも再生できるのが特徴です。サービス開始当初はアメリカの大手映画会社などおよそ60社から映画やアニメなどが提供され、価格は1本当たり500円からと、市販のDVDに比べると割安だとしています。会社側は、「動画配信では映画などを見られる期間が限られているのが一般的だが、ディスクに記録して保存したいという人は多いほか、忙しくて店頭にDVDを買いに行けない人にも楽しんで欲しい」と話しています。
(2007.9.26/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 11:08 | 周辺機器  

<< スクープも紙より先にWeb掲載... <不審メール>福田康夫・新首相... >>