「1カ月43分まで通話無料」の携帯サービス「Blyk」がスタート


SMSで送られてくる広告を見ることで、通話とテキストメッセージの送受信が無料で提供されるサービスが、英国でスタートする。

 MVNO(仮想移動体通信事業者)のBlykは9月24日、広告ベースによるモバイルサービスを英国で開始すると発表した。同社はNokiaの元社長ペッカ・アラ‐ピエティラ氏とアンティ・オーリング氏が2006年に設立したベンチャー企業。

 ターゲット層は16歳から24歳。広告ベースにより、ユーザーは毎月43分まで無料で通話でき、テキストメッセージも217通まで無料で送ることができる。サービス加入契約を結ぶ必要はない。

 登録ユーザーはBlykから無償でSIMカードを手に入れ、手持ちの携帯電話に差し込むことで利用可能になる。

 Blykはユーザー登録時の質問とSMSからの情報により、広告主が広告表示の的を絞れるようにする。また広告主は質疑応答方式でユーザーとやりとりすることができ、これらのコミュニケーションをキャンペーンなどに役立てることができる。サービス開始時で、Blykは40社以上と広告契約を結んだという。(2007.9.25/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-25 11:41 | 周辺機器  

<< マイクロソフト、「Live S... iPod touchにWind... >>